• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
ワコールウェブストア
ウェブストアでのご注文、確認、キャンセルなどについてはこちら
お客様センター
迅速な対応を目指しておりますが、内容によってはお時間をいただくことがございます。
お答えはメールではなく電話や手紙となる場合や、内容によってはお答えできかねる場合もあります。
ワコールウェブストア
通販カタログ、ウエブストアのご注文、ご確認、キャンセルについてはこちら
(ワコールエクセレントクラブ)
9:00 - 17:00
(土・日・年末年始・祝日をのぞく)
【通話無料】 0120-205-056
ワコールデューブルベ
9:00 - 17:00
(土・日・年末年始・祝日をのぞく)
【通話無料】 0120-021-056
ワコールリマンマ
9:30 - 17:00
(土・日・年末年始・祝日をのぞく)
【通話無料】 0120-037-056
お客様センター
9:30 - 17:00
(土・日・年末年始・祝日をのぞく)
※ワコールの名を騙る電話にご注意ください。
(電話での調査、アンケートは行っていません。)
【通話無料】 0120-307-056
  • No : 250
  • 公開日時 : 2013/10/30 12:49
  • 更新日時 : 2016/05/23 09:34
  • 印刷

パンティストッキングとガードル、どちらを先にはくのが正しいのですか

パンティストッキングとガードル、どちらを先にはくのが正しいのですか
カテゴリー : 

回答

着用方法には特に決まりはありませんが、通常は「パンティストッキングのずれ防止のためにガードルを上から重ねる」方が多いようです。しかし、どちらの着け方にもメリット、デメリットがあり、目的にあわせて着用いただけます。
◇パンティストッキングを先に◇
すべりが良くなるのでガードルの脱ぎ着がしやすく、ガードルの裾が肌に食い込みにくいというメリットがあります。しかし、すべりが良い分、ガードルとの素材の組み合わせによっては裾がずり上がりやすくなる場合もあります。
◇ガードルを先に◇
ガードルの縫い目やレースがひびきにくくなり、裾からはみ出しやすい余分なお肉もカバーできます。しかし、パンティストッキングがずれやすくなる場合もあります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます